代表挨拶

私がこの社会保険労務士を生涯の仕事として選んだ理由は、争いごとが嫌いだからです。
社会保険労務士の本来の仕事は、法律に基づいて労使双方の立場に立って公平かつ客観的にものを言うことだと思います。
私の周りにはおりませんが、ワンマン社長に対しては、従業員の代わりに社長に対してものを言ってあげないといけません。また社長の言うことを聞かない従業員に対しては、社長の代わりに、指導していくことも必要だと思います。
私がお客様の事業所に入ることによって、労使のトラブルの芽を未然に摘み取ることができます。

昨今、テレビ番組等でよく未払い残業代等労使のトラブルを面白おかしく解説しており、インターネットで調べれば、いくらでも情報が集められます。
それに伴って、悪意の労働者も多くなってきたように感じます。
平成18年より社会保険労務士も試験に合格すればあっせん代理業務を行うことができることになりました。
私も試験に合格し、「特定社会保険労務士」として、あっせん代理業務を行うことがでます。
問題解決に向けて、ひとつの方法としてあっせん制度があり、それで解決できなければ、弁護士の先生と連携して労働審判、裁判と一緒に問題解決に進んでまいります。

中小企業の事業主様向けの助成金、奨励金の活用も積極的に提案させていただいて、よりよい労働環境の確立を目指しております。   

就業規則の作成、変更、助成金・奨励金の手続き、労働基準監督署の是正勧告、年金事務所の調査、社会保険未加入問題、未払い残業代問題、毎月の月例給与計算、入退社手続き等でお困りのことがございましたら、当事務所にご相談ください。 

現在は、各企業にあったマイナンバー対策、ストレスチェック対策に力を入れております。

 

 特定社会保険労務士 木内 洋

                                                                                                                                   

 

対応エリア

東京23区エリア
千代田区 - 中央区 - 港区 - 新宿区 - 文京区 - 台東区 - 墨田区 - 江東区 - 品川区 - 目黒区 - 大田区 - 世田谷区 - 渋谷区 - 中野区 - 杉並区 - 豊島区 - 北区 - 荒川区 - 板橋区 - 練馬区 - 足立区 - 葛飾区 - 江戸川区